年収証明が不要の総量規制対象外ローンとは?

2010年の貸金業法改正により定めらられた大きな内容に、債務者への過剰貸付を防止するために定められた総量規制があります。
規制では、年収の1/3を超える借入が禁止され、新規での50万円以上の借入、合計借入が100万円を超える場合には、申込時に所得等の年収証明の提出が必要になっています。
対象となるものとしては、消費者金融、信販会社、クレジット会社からの借入が該当しますが、住宅ローンや、自動車ローンなどの除外貸付に関しては、適用外となります。通常、総量規制で計算がされる借入としては、キャッシングが該当し、各業者は、CIC等の個人信用情報を元にして可否の判断を行なうことになります。
総量規制外で借入をする方法としては、銀行のカードローンを利用することになります。銀行の場合には、銀行法が適用されるために規制の対象外となっており、希望した金額を借入することが可能となります。この場合、金融機関によっても若干の違いはありますが、概ね、100万円程度までは収入証明がなくても借入ができる場合が多く、本人確認書類の提出で融資を受けることができるようになっています。但し、借入においては、各金融機関が設けている審査に通る必要があり、借入歴などを含めた個人信用情報が確認されることになります。当然、返済能力に問題があると判断された場合には稟議が通らなくなるために、申込をする場合には、現状を把握した上で行うことが必要になります。
総量規制対象外のカードローンはイイもの?はこちら